SiteMap

iPhone修理店の違い

箱とiPhone

iPhoneを修理する場所は正規店と非正規店がありますが、まずそのメリットとデメリットを教えいたします。まず、正規店と非正規店の違いですが、そのメーカーから認められているかどうかの違いです。正規店では純正品の修理部品から仕入れていますが、非正規品からは純正ではないものを使っています。
正規品と非正規店と非正規店の差のクオリティの差があるかどうかですが、作業自体にはそこまで差がないのですが、店舗によってですが、クオリティの差は経験の長い店舗を選ぶことがおすすめです。非正規店のメリットですが、正規店よりも待ち時間がとても短く、タイミング次第ですが即対応もしてくれます。
そして、料金ですが正規店よりは安いです。しかしながら店舗によってですが正規店より高い場合がありますのでそこらへんはしっかりと調べておくのがいいです。待ち時間ですが、その都度電話で予約した方が時間短縮ですぐに修理できます。しかし、電話予約ができなくても大丈夫です。飛び込み依頼でもできますが、だいたい2時間くらいの待っていましょう。
そしてデメリットですが、修理するとメーカー保証が外れてしまう可能性があります。絶対ではないのですが、非正規店からメーカー保証から外れてしまう可能性が多いにありますと言いかたがあります。なので、個人的には非正規店に行くよりは正規店に行くのがおすすめです