SiteMap

修理は正規店も非正規店も良し悪しがある

ノートとiPhone

突然iPhoneの物理ボタンの効きが悪くなった事はありませんか?比較的故障し難いiPhoneですが、長期間使っているとどうしても物理ボタンなどは劣化によって調子が悪くなってきます。特に頻繁に利用する電源ボタンや、旧機種のホームボタンなどは壊れる可能性があります。しかし、それらの物理ボタンは交換、または修理が可能です。
正規店での修理はもちろん、非正規店での修理も可能です。正規店での修理の場合は全取り換えですので、修理後再び長期間使う事も可能ですが、AppleCareなどの期間が過ぎてしまっている場合は案外高額の修理費が必要な場合もあります。一方非正規店の場合は保障関係なく比較的安価な修理代で済む場合が多いです。その理由ですが、壊れた部品だけを取り換えるという事が一番大きいです。
ですのでかなり修理代が安いんですが、その他の部品はそのままですので、次はそこが壊れるなんていう場合もあります。そうなったらまたその壊れた部品を修理、または交換してもらえば良いのですが、順番に全てを修理や交換していたら最終的にはけっこうな金額になってしまう場合もあります。正規店、非正規店、どちらでの修理もメリット、デメリットはありますので、修理に持ち込む前に自分がどちらで修理を受けると得なのかをあらかじめ調べてから選ぶと後悔は少なくなります。