SiteMap

iPhone修理をする場合のメリットとデメリット

iPhoneとイヤホン

iPhoneが故障した場合にキャリアで補償サービスに加入していれば正規修理店を紹介されたり持っていきますが、非正規の修理店もあります。正規点と非正規店で修理する場合にはどのような違いがあるかといえば、正規店はまず正規の承認を受けているため、修理については原則的に純正部品を使用し修理を行うことから、修理そのものの安全度、信頼度が非常に高いということです。
一方非正規店においては純正でない部品も使用して修理を行うことと、修理技術の高低もあることから全般的に安全度、信頼度がやはり低いということです。また非正規店を使用することの最大のデメリットは例えば非正規店で修理した後に再度故障し、メーカー保証(AppleCareやiPhoneのキャリアの保証サービス)を使用する場合に、メーカー保証の対象とならないといった可能性が高くなることです。
修理代金については、非正規店の方が若干安いようで、その点ではあまり大きく使用するメリットは感じられないのですが、正規店については修理を行う前に予約等が必要で、すぐに修理ができないか当日修理が可能でも非常に混雑していて待たされるといったことがあげられます。その点非正規店では比較的待ち時間が少ないです。また正規店に持っていた場合は、故障かどうかの点検のためにリセットを求められたりしますが、非正規店では修理箇所のみ修理が可能だということです。